プロミスで無利息期間のある即日キャッシングしてみた

先日、初めて、消費者金融、いわゆるサラ金っていうやつを利用してみました。
僕が利用してみたのはプロミスだったんですが、
今はどこの消費者金融でもそうかもしれませんけど、融資の申請してから
審査の時間とかすごく短時間ですみますし、借りやすいんだなって思いました。
プロミス利用でピンチを脱出できて、本当にほっとしています。
しかし、すぐに現金が必要ってことで、焦っていたので、まともに
キャッシング比較をせずにかりることになったのだけが結構心残りです。
今までは自分がこういうカードローンを利用するだなんて想定を
全くしていなかったっていうのが大きいんですけどね。
でも、人生、いきなり何があるかわかりません。
偶然が重なって、僕みたいに急にお金が必要になるっていう可能性は
みんなにあると思うんですよ。
なんで、借りるつもりなんて今の時点で全然ないよって言う人も
少しくらいはキャッシング比較しておくといいと思うんですよね。
もちろん、消費者金融って言ってもそれこそ星の数あるわけですし
それ以外にも銀行系のカードローンもあったり、あるいは手持ちの
クレジットカードにキャッシング機能がついてたりっていうこともあるでしょう。
とりあえず中小の消費者金融なんかまで調べ出すとキリがないですが
大手消費者金融と、手持ちの銀行口座のある銀行のカードローンと
手持ちのクレジットカードについては事前に調べておいて損はないかと思います。
なんで後者2つは手持ちのものかっていうと、急にお金が必要になってから
手持ちにはない銀行だのクレジットカードだのでお金を借りようと思っても
カード発行までに1週間~1ヶ月とかっていう時間がかかってしまうからです。
銀行のカードローンであっても、口座を持っているなら口座振り込みなどで
即日融資可能というところが数多くあるので、選択肢に入るんですよね。
…まあ、自分は事前にこういった情報を知らなかったんで、すぐに借りるなら
消費者金融だって思って、銀行で借りようともしなかったんで、
金利的に少し損をしてる…って状態なんですよ(^_^;)
まあ、そのかわり、プロミスには初回なんかには利息が
無料期間があるっていうサービスをしてはいるんですが。
プロミスの即日キャッシングサービス
知ってれば銀行に融資の申請したんだけどなぁ…(´Д`)ハァ…
ただ、銀行系のカードローンだと、審査がとても厳しいんで、申請したところで
必ずしも自分が借りれていたのかっていう問題はありますけどね。
どうしても、審査の通りやすさでいうと銀行<消費者金融っていうのは
昔から変わっていないみたいですし。

キャッシングは年利が低いほどお得

キャッシングを選ぶときは、年利が低いものにしましょう。
年利とは実質年率のことであり、これが低いほど利息を抑えることができます。
キャッシングの年利表記の特徴は、4.5%~18.0%というように一律ではないことです。
借りる金額により利率が変わり、沢山借りるほど低利率になる仕組みになっています。

年利の低い金融機関は、信用金庫やJAなどです。
これらの金融機関は利益を目的としていないので、利益分を年率の引き下げとして還元できるのです。
一般的には銀行キャッシングが低金利と言われていますが、全般的に見ると信用金庫やJAのほうが低いです。
ただし、最近になって普及し始めたネットバンキングのキャッシングに関しては、これらに負けないほど低金利になっています。
消費者金融に関しては、銀行よりも金利が高くなります。
18.0%以下の金利設定が主流であり、初回利用の段階で15.0%などの低金利で借りられる業者はあまり見られません。

キャッシングをサイトから申し込む

キャッシングは上手に活用すれば、お金が足りなくなってしまったときや急にまとまった出費が必要になってしまうようなときに役立てることができます。
冠婚葬祭などで、たくさんの出費が必要なときなどでもキャッシングによって必要なお金を借入れすることができます。
高額な借入れを行ったときでも、返済は、分割で行うこともできるので、無理なく少しずつ返済をしていくことができるでしょう。
キャッシングを利用する場合、まずは審査申込みが必要になりますが、審査の申込みはウェブサイトを通じて行うこともできます。
キャッシングの審査申込みについては、利用する会社ごとに審査基準に違いはありますが、20歳以上で一定の収入がある人であれば申込みをすることが出来るので、学生などが卒業旅行に行く為のまとまった資金を借入れする歳にも活用することが可能となります。
キャッシング会社のウェブサイトでは、返済シュミレーションをすることが出来るようなものもあるので、そういったサイトを活用するのも、計画を立てる際にはよいでしょう。

キャッシングを店舗やATMから利用

数万円から数百万円まで、まとまったお金を工面することが必要になってしまったときには、キャッシングを利用することで、気軽に借入れをすることが出来ます。
キャッシングを利用する際には、まずは審査申込みが必要になりますが、インターネットのウェブサイトや店舗の窓口から申込みをすることが出来ます。
店舗窓口で借入れしたい金額を受け取ることもできますが、利用するキャッシング会社が提携しているコンビニATMから借入れするお金を引き出すことができます。
また、キャッシングで借入れしたお金を返済する際にも、店舗窓口やコンビニATMを利用することができます。
もし返済を忘れてしまった場合には、遅延損害金が発生してしまうことになるので、忘れてしまう心配があるような人は、自動引き落としなどの方法を活用するほうが良い場合もあるでしょう。
返済計画を立てて借入れをすれば、返済に困ってしまうリスクも少なくなるので、利用前にはしっかりと計画を立てることが必要です。

アコムは金利が安いキャッシングとして人気があります

お金が必要なときには、消費者金融が行っているキャッシングを利用すると便利です。
近年のキャッシングではパソコンやスマートフォンを使うことで、来店不要で借り入れが可能なサービスも普及しており、利便性の高いサービスが増えている特徴があります。
どこの消費者金融のキャッシングを選択するのかについては、金利が安いことも大きなポイントになります。
金利が安いものを選ぶことで、支払い金額が少なくなるメリットがあります。
金利が安いキャッシングとして人気のあるものに、アコムを挙げることができます。
アコムの金利は年率で4.7%から18%ですので、他の金融業者と比較したときにかなり安いと言うことができます。
初めてアコムのキャッシングを利用する人であれば、30日間の無利息サービスが適用されますので、30日以内に借り入れた金額を返済することで金利分の支払いをしなくて済みます。
アコムのキャッシングでは、審査スピードが速い特徴を挙げることもできるので、即日融資に対応してくれるサービスとなります。

低金利のキャッシング会社の選び方

キャッシングを利用する時には、できるだけ低金利の融資を受けたいと思うものです。金利が低いところから借りれば、利息は低く抑えられますから、返済総額 も少なく済みます。ネットでは、各キャッシング会社の条件を比較しているサイトが数多くありますので、どのキャッシング会社で低金利で融資を行っているか を、効率的に調べることができます。傾向としては、銀行系のキャッシング会社は、比較的低い金利で融資を行っています。ただし、低金利で融資を行っている 金融会社は、審査のハードルが厳しく、審査結果が出るまでに時間がかかる可能性があります。ローンやキャッシングを利用して、今まで返済を滞らせたことが ある人や、月々の収入が安定していない人など、審査の結果に自信がない人は、銀行系のキャッシング会社から低金利の融資を受けることは難しいかもしれませ ん。低金利の融資を借りることができれば望ましいですが、審査の通りやすさも考慮に入れて、キャッシング会社を選ぶようにしましょう。

即日融資のキャッシングの審査は甘い会社もある

即日融資のキャッシングが最近は若者を中心に人気が出てきています。
いざというときにすぐに利用することができるということでとても便利です。
即日融資を利用するときは、まずは金融業者の審査に申し込みをしなければいけないのですが、ここで大切なのが信用情報です。現在までの金融業者を利用したときの個人情報や返済、借り入れの金額などを調べて、判断されます。審査が甘いところもあるといいますが、そういうところは金利が高いといいます。
即日融資をキャッシングすることができる金融業者は少し金利が高めの設定になっており、審査も甘いところがありますが、それでも返済をしっかりとすることができないと判断された場合、過去に返済をすることができなくなるなどの事故情報などがあった場合は審査をすることができずに否決されることもあります。
即日融資のキャッシングを利用するときには、自分の信用情報などを事前に確認をして、審査を通過することができるかどうか、そしてどのくらいまでなら借り入れをすることができるのかを考えることも可能です。

キャッシングの延滞と住宅ローンに関して

TVやネット上で消費者金融や銀行でのキャッシングカードの宣伝が数多く行われています。
手軽に申し込みができていざとゆうときに役に経つものですが、余りの多くのキャッシングを
しすぎて延滞してしまわないように注意が必要です。消費者金融や銀行では顧客に対して
与信管理をおこなっています。この与信情報は社内だけではなく管理している団体がいくつか
あり、ここから情報を取得したり情報を登録したりして消費者金融や銀行は与信情報を
共有しています。この与信情報に延滞などの情報が記載されてしまうと、住宅を購入する
場合に住宅ローンを申し込んでも、与信情報から不認可となってしまうことがあります。
このような状態にならないために十分に注意してキャッシングを行う必要があります。
基本的に1ヶ月延滞を行ってしまうと管理団体の与信情報に事故が発生したことが
記載されてしまうため、注意が必要です。またこの与信情報は5年から7年ほど記載
が残ってしまうため、本人は忘れていても住宅ローンの審査で不認可になってしまう
事がありますので、キャッシングには十分な注意が必要です。